盗聴器、盗撮器発見

盗聴器とは、音声を発信し人の会話を「盗み聞き」するための道具で、仕掛けた人間が発信機を使い情報を得る役目をする機器です。
通常、発信する電波は約100m前後の距離飛びます。但し、マンション等高いところにある場合や、高性能の発信機は1km以上も電波が飛ぶものもあります。

盗聴器・盗撮器発見

調査内容

現在、一般的に盗聴器と呼ばれるものは年間30万個以上販売されていると言われております。 このような現状は、盗聴器の価格の低下、機器の小型化、ネットで簡単に購入できるようになったなどの背景があると言われています。 実際、一昔前まではラブホテルなど特定の場所に仕掛けられていることが多かった盗聴器・盗撮器ですが、現在では一般家庭に仕掛けられているケースが増えています。

盗聴・盗撮の目的は、ストーカー・いやがらせ・企業や選挙事務所などにおける内部情報を目的としたものなど様々なケースがあります。
私達は無線従事者の資格を持つ調査員が、迅速に自宅や会社に仕掛けられた機器を発見・除去します。

実際のケース

  • 個人情報(携帯電話番号等)が漏れている
  • 帰宅のタイミングで無言電話が鳴る
  • よく通話中になっていると言われる
  • 電話中、雑音・ノイズが入る
  • テレビの画面にノイズが入る
  • 自宅周辺に不審な車や人物がいるのを頻繁に見かける

実際に依頼する場合

自宅や会社などが盗聴や盗撮をされている恐れがある場合、一度、その部屋の外に出てからご相談頂くか、メールなどからご連絡いただくことをお勧めします。また、部屋の外から電話でご相談いただく際は、周囲に不審者などがいないか良く確認して頂く事が大切です。相談内容まで聞かれてしまう恐れがあるからです。

部屋の間取りや状況をお聞かせいただくことで盗聴による被害であるかどうかを調査員が判断します。

投稿日:

Copyright© マザーソウル探偵社 , 2019 All Rights Reserved.